通信ニュース
通信に関するニュースを取り上げていきます。
新型iPhone 初夏に発表か
2009年03月13日 (金) 20:03 | 編集
アップル、「iPhone 3.0」を3月17日に披露――新型iPhoneは6月発表が濃厚に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000001-cwj-mobi


新型iPhoneにはどんな機能が追加されるのでしょうか。

個人的には、おサイフケータイ機能がついていると便利なのですが。



(YAHOO!ニュースより引用)
 米国Appleは3月12日、「iPhone 3.0」とそのSDK(ソフトウェア開発キット)に関するプレビュー・イベントを3月17日に開催すると発表した。昨年の「iPhone 3G」と同様のスケジュールであることから、アナリストたちは「新型iPhoneの発表は初夏」と予想している。

 Appleが「iPhone 2.0」とそのSDKのサポートを発表したのは、昨年の3月初めのことだった。その後、同社は6月の「WWDC(Worldwide Developers Conference)2008」でiPhone 3Gをお披露目し、7月から販売を開始した。

 「したがって、3月17日にプレビュー・イベントが開催されるということは、iPhone 3Gのときと同じスケジュールで(Appleが)動いていることを意味する」と、アトランタのワイヤレス&テレコミュニケーション専門のアナリスト、ジェフ・カガン(Jeff Kagan)氏は言う。

 この見方に対し、「確かに納得できることだ」と、Gartnerのアナリストであるバン・ベイカー(Van Baker)氏も同調する。「SDKを発表するのは、新機種の発売までに何かを開発してもらうことが目的」(ベイカー氏)

 さらにベイカー氏は、6月末まで病気療養中のスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏が、iPhone 3Gを発表したのと同じWWDCで、新しいiPhoneのために姿を現す可能性を示唆する。

 「彼(ジョブズ氏)がWWDCで復帰するということになれば、Appleにとって絶妙なタイミングだ。彼が戻ってきたことにだれもが興奮するだろう。そうなれば、さまざまな話題が絡み合い、大きなニュースとなるはずだ」(ベイカー氏)

 今年のWWDCがいつ開催されるのか、Appleはまだ明らかにしていない。だが、過去2年、このイベントは6月前半に行われている。6月6日〜12日くらいの日程になるとの情報もあり、いつものようにジョブズ氏が基調講演を行い、その中で新製品を発表するのではないかとうわさされている。
受信状態アップは本当か?
2009年03月09日 (月) 20:31 | 編集
「受信状態アップ」は根拠なし=携帯電話シート販社に排除命令−公取委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000119-jij-soci


以前から気になってはいながら購入してなかったんですが、効果がないものなんですかね。

しかし、吉本の子会社が販売していたとは知りませんでした。



(YAHOO!ニュースより引用)
 公正取引委員会は9日、携帯電話の中に入れれば電波の受信状態が改善されるとうたって銅製のシートを販売していた4社に対し、合理的な根拠が認められないとして景品表示法違反(優良誤認)で排除命令を出した。
 4社はカクダイ(埼玉)、森友通商(東京)、吉本興業子会社の吉本倶楽部(大阪)、ナスカ(同)。
 問題のシートは銅板に鉱物の粉を塗ったもので、携帯電話の電池の下に敷いて用いる。商品名は「バリ5」、吉本興業所属タレントの名前を冠した「バリ5 タカアンドトシ・ライオンバージョン」など。
 公取委によると、各社は2007年10月ごろから商品の包装や広告に「銅板がアンテナ機能を果たし、受信状態がグーンとアップ」「劣化した充電機能を再生」などと表示。根拠となる資料を公取委に提出したが、合理的と認められなかった。
 商品は980−2625円。問題の期間中に計約45万個、約9億円分を売り上げた。
 公取委は「シートが携帯電話の回路につながっていないなど、効果があるとは考えられない」とした。
 カクダイの話 処分は全くふに落ちない。審判を請求する。
 
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.